北九州学術研究都市10周年を記念して、北九州学術研究都市10周年記念事業実行委員会では、北九州学術研究都市10周年記念ロゴマークを制定しました。

 ロゴマークの制作は、北九州学術研究都市にキャンパスを構える北九州市立大学環境国際工学部建築デザイン学科所属のデワンカー・バート先生にご協力いただき、江戸 美慧さんと湯原 彰一さんにデザインしていただきました。

 今後は、このロゴマークを掲載した各種広報を制作し、10周年という記念すべき年を迎えた北九州学術研究都市の広報をさらに進めてまいります。

今年度、学研都市内で開催される各種記念イベントで、このロゴマークが学研都市を明るく彩ってくれるものと思います。

ロゴマークの制作意図について

 学研都市内の主な建物である北九大、九工大、早稲田、FAISの施設、そして住宅地を円形に並べました(右上から、図書館、体育館、北九大、住宅、留学生会館、九工大、産学連携施設、早稲田)。10という文字の下にある空白は、これからの発展を表します。

また、青色を基調とし青空を想起させることで環境技術に取り組むイメージを表現しました。

 

拍手する