北九州学術研究都市10周年記念

第3回 ユニーク・自作チップ・コンテスト in  ひびきの

表彰式を2月10日(金)に開催しました。

 

 

ここ、北九州学術研究都市には、
・半導体の設計や人材育成を行っている「情報技術高度化センター」、
・ICやMEMSの試作ができる「共同研究開発センター」、
・そしてテスターによる半導体の評価ができる「技術開発交流センター」
といった半導体関連の施設があります。
 
「共同研究開発センター」には、IC製造に必要な装置を備えたクリーンルームがあり、利用者自身の手でオリジナルのICの試作ができるという全国的にも類を見ない施設です。
この施設は、学研都市の大学や市内の企業だけでなく、広く全国の研究者や企業の方々にも、ご利用いただいています。
 
そこで、この施設の特色を活かした企画として、平成21年度から「ユニーク・自作チップ・コンテスト in ひびきの」を開始しました。3回目となる今回のコンテストは、北九州学術研究都市10周年記念事業として、開催しました。
 

詳細はこちら

http://contest.flsi.or.jp/

拍手する